記事一覧

第1回学会賞授賞決定と授賞理由

進化経済学会会員のみなさま

 有賀会長が9月25日に配信された[evoecojapan_new:00620]で触れられていますように、9月24日に開催された理事会で
第1回学会賞が決定されました。授賞式は来春の大会で行われます。

 理事会に提出した、「選考報告」と「授賞理由(案)」を以下に貼り付けます。
 なお、第2回学会賞の応募要項は来春の京都大学大会時に成立する次期選考委員会から公表される予定です。

                第1回学会賞選考委員会委員長 八木紀一郎

理事会に提出した、「選考報告」と「授賞理由(案)」を以下に貼り付けます。
なお、第2回学会賞の応募要項は来春の京都大学大会時に成立する次期選考委員会から公表される予定です。

第1回学会賞選考委員会委員長 八木紀一郎

*******************************************
選考報告
2016年9月24日
進化経済学会賞選考委員会
委員: 八木紀一郎(委員長)
藤本隆宏
吉田雅明
植村博恭

本委員会が学会賞選考にあたって検討の対象にしたのは、自薦・他薦による応募6件とEvolutionary and Institutional Economics Reviewに掲載された9点の論文、計15 点であるが、後者のうち1点は応募者の著作であった。
本委員会は、委員会外部の専門家の見解を徴することも含めて、上記対象著作を検討し、本年度の学会賞を、塩沢由典会員に、その著書『リカード貿易問題の最終解決-国際価値論の復権-』(岩波書店、2014年3月刊)に基づいて与えることが適当であるという結論に達した。
以上
*********************************************
授賞理由
2016年9月24日 進化経済学会賞選考委員会

塩沢由典会員の著書『リカード貿易問題の最終解決-国際価値論の復権-』に第1回進化経済学会学会賞を授賞する理由は、この著作がとりあげている問題の重要性とそれに対する著者の「解決」が経済学の将来の発展に対して有する意義を評価するからである。
この著作は、表題からすると国際経済学というサブディシプリンの1分野で過去の経済学者が論じた問題を再検討した懐古的な著作のように受け取れるかもしれないが、実はその正反対である。
本書は、最終財の貿易を論じるにとどまったリカードに対して中間財(投入財)の貿易を含む「リカード・スラッファ貿易経済」を対象にして問題を現代的に拡張している。それは、産業内・企業内貿易および企業間の生産性の差異を考慮した最近の貿易理論をも包摂できる枠組みである。しかも、本書の主要内容は、生産費にもとづいた価格という古典派(リカード)価値論を放棄することなく、貿易によって結びついた世界における「国際価値」の存在を証明したことにある。この「国際価値」が、貿易財の価格のみならず、それらと各国賃金率の組み合わせであることの意味は重大である。それは国ごとの実質賃金率の差異を基礎づける理論として、国際貿易が各国の賃金率を均等化するという非現実的な「要素価格均等化定!
理」に対する明確なオルターナティブになっているからである。また、価格調整による需要供給の均等化を前提しないことによって、労働力その他資源の不完全雇用を許容するので、失業の発生等の貿易摩擦を分析する可能性を拓いている。
リカードが後にのこした貿易財の価格決定の問題(リカード問題)に対して、貿易をおこなう2国の他国財に対する相互的需要によって答えようとしたJ・S・ミルの「解決」が非現実的なばかりか、古典派価値論を否定し、需要による価格形成を軸にした新古典派的思考に道を拓いたという著者の学史解釈も興味深い。著者の考えに従えば、19世紀においては国内価値論にとどまった古典派価値論は、それを国際価値論と結びつけたこの著作によって現代的に再生したことになるだろう。
 もちろん、この著作は、現実の経済主体の多様な行動を直接記述するものでもなければ、それらの複合として現れる利害対立や進化的なプロセスを取り扱うものでもない。しかし、新古典派的な単純化を拒絶して、多様な技術、国ごとの賃金率の差異、不完全雇用の可能性を取り入れた「国際価値論」を軸にした現代古典派的な理論は、そのような領域の研究と両立可能である。そうしたより現実的なレベルでの研究に対して、本書の「国際価値」論がどのような意義をもちうるかは、今後の経済学の発展のなかで明らかになることであろう。

********************************************

学会賞について2点の追加アナウンスメント

進化経済学会会員のみなさま

  学会賞の応募要項にかかわって質問がありましたので、以下2点の追加説明をさせてください。

 1.授賞対象件数は1点とはかぎりません。授賞無し、あるいは複数授賞もありえます。 これについても選考委員会での選考結果報告をもとに理事会が最終決定を下します。
 2.授賞決定後、受賞者に年次大会での記念講演を依頼します。この講演は授賞式のあとに予定されます。 
  
             進化経済学会学会賞選考委員会委員長  八木紀一郎 yagi@econ.setsunan.ac.jp

 なお、「応募要項」にあるように応募受付期間は4月1日から30日まで、宛先は上記メアド(e-mail address)あるいは
 〒572-8508 大阪府寝屋川市池田中町17番5号 摂南大学経済学部 八木紀一郎研究室内 「進化経済学会学会賞選考委員会」 宛てです。

********以下は推薦理由書の記入必要事項です。コピぺしてお使いください***********

進化経済学会学会賞推薦理由書

年  月   日 受付 受付番号

1.推薦者

(連絡メアド)

2.推薦著作*

 公表形態(          )、公表時期(  年 月)

3.著者氏名

(連絡メアド)*

 推薦著作公表時会員籍があったかどうか (有・無)**

4.推薦理由

5.推薦著作の評価にあたって留意すべき点

* 対象となる著作の要件は「学会賞規程」および「選考に関する細則」を参照。

**この情報は、記載を省略してかまいません。

第1回進化経済学会賞候補,募集!

ファイル 123-1.pdf

第1回進化経済学会学会賞応募要項

      2016年3月30日 

進化経済学会学会賞選考委員会

       八木紀一郎(委員長)、藤本隆宏、植村博恭、吉田雅明

 2016年3月27日の会員総会で「進化経済学会学会賞規程」が決定され、それにもとづいて「学会賞選考委員会」が成立しました。なお、この賞の選考についての詳細は、理事会で決定され、総会でも報告・紹介された「選考にかんする細則」によることとされていますので、応募の際にはそれをご参照ください。

つきましては、第1回の学会賞の対象となる会員の著作を募集しますので、多数の応募をお待ちします。

1.選考対象

募集締め切り時を基準に過去3年以内(今回の場合、2013年5月1日?2016年4月30日)に公表された会員の著作(論文、著書)。

 なお、上記の期間内にEvolutionary and Institutional Economics Reviewに掲載された、上記の応募資格をみたす論文は自動的に選考対象となります。

 2.応募方法

自薦または他薦による。応募者または推薦者は、推薦対象の著作2部(コピーあるいは電子ファイルも可)を「推薦理由書」とともに選考委員会に送付する。

「推薦理由書」は、このページの添付ファイルをダウンロードしてください。

3.受付期間と応募宛先

2016年4月1日から4月30日(締切日消印有効)

電子応募もできますが、必ず受け取りの確認を得てください。

 〒572-8508 大阪府寝屋川市池田中町17番5号 摂南大学経済学部

  八木紀一郎研究室内「進化経済学会学会賞選考委員会」宛て

 あるいは yagi@econ.setsunan.ac.jp  宛て

4.公表・授賞

2016年のオータムコンファレンスで公表し、翌年3月の会員総会で賞状と副賞(賞金)を授与する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

進化経済学会賞規程と細則

進化経済学会学会賞規程

第1条 【趣旨】進化経済学の発展に貢献する会員の研究を顕彰するため、「進化経済学会学会賞Prize of Japan Association for Evolutionary Economics: JAFEE Prize」を設ける。
第2条 【授賞】原則として年1回、年次大会に合わせて賞状と副賞を授与し、Evolutionary and Institutional Economics Review および学会サイトで授賞理由とともに公表する。
第3条 【選考対象】応募締め切り日を基準に過去3年以内に公表された会員の研究成果を示す著作物(論文、著書など)を自薦・他薦によって受け付けて選考の対象にする。この推薦は、当該著作物の公表後3年間のあいだは有効である。
第4条 【選考委員会】推薦された選考対象著作物の受理および選考は、理事会によって指名される会員4名からなる学会賞選考委員会がこれをおこなう。委員の任期は2年とし、毎年その半数を交代させる。委員長は任期1年で互選による。
第5条 【選考手続き】
 (1)選考委員会は「応募要項」を作成し、会長の承認を得て公表する。
 (2)会員は選考対象となる著作物を推薦理由を付して選考委員会に推薦できる。Evolutionary and Institutional Economics Reviewに掲載された会員の著作物は自動的に選考対象となる。
 (3)選考委員会は必要に応じて、委員以外の会員・非会員に専門的評価を求めることができる。
 (4)選考委員会は合議の上、授賞対象候補となる著作物を選定する。
 (5)選考委員会は選考対象著作物の点数と委員全員の署名を付した「選考報告」と「授賞理由案」を作成し、理事会に提出する。
 (6)理事会は選考委員会の報告を受けて、最終決定をおこなう。
第6条 【規程の改廃】本規程の改廃は、理事会の提案にもとづき、会員総会で決定する。

付則1.「学会賞選考にかんする細則」は理事会で定め、会員に周知する。
2.第4条の規定にかかわらず、発足時の選考委員会は任期2年の委員2名と任期1年の委員2名で構成する。
3.本規程は、2016年3月27日から施行する。


学会賞選考にかんする細則

1. 選考対象となるのは、ISBNあるいはISBN[ISSN]が付されうるような、公刊された著書、公的にアクセスできる雑誌に掲載された論文、インターネット上でDOIを付して公表されている著作物である。最終的な公表とみなせないワーキング・ペーパー、ディスカッション・ペーパー、コンファレンス・ペーパーなどのセミ・パブリケーションは除外する。
2. 共著の著作物も対象となるが、共著者の全員が進化経済学会の会員でなければならない。
3. 推薦著作の言語は日本語ないし英語に限る。
4. 推薦は1会員各回1点に限られる。ただし同じ著者による連続性のある著作であるならば、複数の著作物をまとめて1点として推薦できる。また、一度受け付けられた推薦は当該著作物の公表後3年間は有効である。
5. 選考委員会の委員名と応募要項は、学会のMLとサイトで会員に周知をはかる。
6. 推薦者は、推薦理由書とともに推薦対象著作物を2部(コピーあるいは電子ファイル可)を選考委員会に送付する。この著作物は原則として返却されない。
7. 委員以外の会員・非会員に専門的評価を求めた場合、評価者の名前は推薦者・被推薦者に対して秘匿する。また評価者に対して謝金を支払うことができる。
8. 選考委員会の合議はインターネット上でおこなってもよいが、理事会への選考報告書には委員全員の署名を必要とする。
9. 歴代委員長は、推薦理由書と送付された著作物を原則として3年間保存する。

付則
1)本細則は2016年3月27日から施行する。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ