記事一覧

企業・ 産業の進化研究会(4/17)開催のご案内

進化経済学会会員の皆様
企業・産業の進化研究会ご参加の皆様

お世話になっております。東京大学の工藤です。
4月17日(水)に「企業・産業の進化研究会」を開催いたします。
お忙しいとは存じますが、日程調整のうえ、是非ご参加ください。
よろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------
日時:4月17日(水) 19:00~21:00

場所:東京大学ものづくり経営研究センター 
   東京大学経済学研究科 学術交流棟(小島ホール5階)
   地図:http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html

発表者①:徳丸宜穂氏(名古屋工業大学)
テーマ:「新興国知識集約型産業の高度化と能力構築-聞き取り調査と質問紙調査によるインドIT 企業の実証分析-」
要旨:DPをご参照ください。 http://www.ier.hit-u.ac.jp/Common/publication/DP/DP582.pdf

発表者②:立本博文氏(筑波大学)
テーマ:「近年の車載エレ・SW分野における企業競争について」
要旨:2000年以降、自動車の製品開発では、車載エレクトロニクス・SW開発が大きな工数を占めるに至っている。このため、開発効率低下や品質問題などの開発上の問題を引き起こしている。
一方、このような車載エレ・SW増大が、競争ルールの変更を引き起こしていることは、あまり指摘されていない。とくにオープン標準化が車載エレ分野にもたらす影響については、十分に分析されていない。本発表では、車載エレ・SW分野の開発戦略さらに競争戦略について説明を試みる。
本発表では、以下のようなキーワードを扱う予定である(すべて扱うことは時間制約上できない)
・2000年以降の車載エレ・SW増大の実態
・4つの車載エレ分野とその性質:連続系システムの開発(モデルベース開発)と離散系システムの開発(従来型開発)
・車両開発のプロセスと車載エレ開発プロセスについて(エレ・メカ・ソフトの融合プロセス)
・オープン標準化の影響(AUTOSAR標準、ISO26262機能安全、Automotive SPICE、ISO/TS16949など)
・日本企業の開発の実態(含海外オフショア開発・海外生産)
A社の事例(日本、中国、インドの事例)
B社の事例(日本、インドの事例)
・欧州競合B社の戦略
・付け足し:米国競合社Q、G社について
---------------------------------------------


***********************************
工藤悟志 KUDO,Satoshi

東京大学大学院経済学研究科
ものづくり経営研究センター 特任助教

東京都文京区本郷7-3-1 〒113-0033
Tel:03-5841-0687
E-mail:kudo@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp
**********************************