記事一覧

非線形問題研究部会共催・科研費ワークショップのご案内

会員の皆様

大変お世話になっております。

科研費基盤(B)「システミック・リスクと社会経済システムのレジリエンスに関する研究」(課題番号26282089)プロジェクト
http://amech.amp.i.kyoto-u.ac.jp/26282089/doku.php?id=english
主催、非線形問題研究部会共催で、下記のワークショップを開催いたします。万障お繰り合わせの上、ご参加いただけますと幸いでございます。なお、会議の使用言語は英語といたします。

日時 201年11月29日(火)11:00-17:00
場所 中央大学駿河台記念館220号室[12人収容]
アクセス http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/

<<科研費基盤(B)「システミック・リスクと社会経済システムのレジリエンスに関する研究」(課題番号26282089)研究報告会1>>
* 研究報告会2も後日予定しております。

Program on 29th November, 2016: 11:00-17:00

The collection of abstract
アブストラクトは下記より入手できます。
http://c-faculty.tamacc.chuo-u.ac.jp/~aruka/activities.html

Morning session 11:00-12:00

講師 Aki-Hiro Sato, Kyoto University
論題 Analyzing relationships among financial items of bank’s balance sheet

Afternoon session 13:00-17:00

講師 Kiyoshi Izumi, University of Tokyo
論題 Artificial Market Simulation of Flash Crash and Systemic Risk

講師 Kien Trung Tran, National Defense Academy
論題 A Complex Network Approach to Find Critical Industrial Sectors in the World Economy

講師 Anirban Chakraborti, Jawaharlal Nehru University, New Delhi
論題 Sectoral co-movements in the Indian stock: market: a mesoscopic network analysis

以上。

有賀裕二 拝

The collection of abstracts

The first workshop of our final report for JSPS grant: no. 26282089 (A study on resilience from systemic risks in the socio-economic system)

11:00-17:00
Nov 29 2016
Room 220
Surugadai Memorial Hall

Morning Session 11:00-12:00
1. Aki-Hiro Sato, Kyoto University
Lecture title: Analyzing relationships among financial items of bank’s balance sheet
Abstract
We realized that in a chain reaction the bankruptcy of a big bank had pro-vided a huge impact on other sectors in the Lehman shock. Such an event is called systemic risk which a main subject of this study. In this report by using real data extracted from balance sheets reported by banks listed in the first section of Tokyo Stock Exchange the relationships among financial items of banks are analyzed. It is shown that there is a power-law relationship between equity and debt for each bank following the Cobb-Douglas production function approach. Furthermore we con-duct two variable regression analysis about the power-law relationship. It is shown that there are possibilities that we can use the parameter estimate as an index measuring macroeconomic condition. In addition it is found that there is no correlation between the capital adequacy ratio and the return on equity which is known as indicators to characterize bank properties in a quantitative manner. This method enables us to easily understand macroeconomic conditions of banking sector from a comprehensive point of view.

Afternoon session 13:00-17:00
2. Kiyoshi Izumi, University of Tokyo
Lecture title: Artificial Market Simulation of Flash Crash and Systemic Risk
Abstract
In this talk we introduce our financial market simulation platform Plham (platform for large-scale and high-frequency artificial market). We apply computer simulation to support design of market regulations in Tokyo Stock Exchange. (a) Tick-size reduction: We applied the simulation to support decision making of changes of tick sizes for a stock in two competitive markets. Exhaustive simulations of various tick size combinations tell us conditions that a market survives in competitions among markets. (b) Shock transfer by HFT arbitrage: To find the conditions that a sudden price down of one stock spreads over the markets we conducted exhaustive simulations for combinations of various agent types. (c) VaR shock simulation: We introduced traders with Value-at-Risk management and analyzed its effects on the market stability.

3. Kien Trung Tran M.D, National Defense Academy of Japan
Lecture title: A Complex Network Approach to Find Critical Industrial Sectors in the World Economy
Abstract
The usual way of identifying critical sectors in an economy in Input-output analysis is using Leontief inverse Matrix to measure the backward linkages and the forward linkages of each sector. Alternatively to evaluate the role of sectors by means of its centrality and degree assessment we use an modified alpha-centrality method -amplification index and vulnerability index - to the weighted network. It is used to identify both how a sector could be affected by other sectors and how it could affect the others in the whole economy. The used data is the world input-output table part of the world input-output database (WIOD) funded by European Commission in the period of17 years from 1995 to 2011 but mainly focus on the data of year 2011. Having analyzed these results the trend of these sectors in that range of time will be used to reveal how the world economy changed in the last decade.

4. Anirban Chakraborti, Jawaharlal Nehru University New Delhi
Lecture title: Sectoral co-movements in the Indian stock: market: a mesoscopic network analysis
Abstract
In this article we review several techniques to extract information from large scale stock market data. We discuss recurrence analysis of time series decomposition of aggregate correlation matrices to study co-movements in financial data stock level partial correlations with market indices multi-dimensional scaling and minimum spanning tree. We apply these techniques to daily return time series from the Indian stock market. The analysis allows us to construct networks based on correlation matrices of individual stocks in one hand and on the other we discuss dynamics of market indices. Thus both micro level and macro level dynamics can be analyzed using such tools. We use the multi-dimensional scaling methods to visualize the sectoral structure of the stock market and analyze the co-movements among the sectoral stocks. Finally we construct a mesoscopic network based on sectoral indices. Minimum spanning tree technique is seen to be extremely useful in order to group technologically related sectors and the mapping corresponds to actual production relationship to a reasonable extent.

======================
JAFEE20th video uploaded
on YouTube, July 2016
https://youtu.be/v2ECXrLyLjA
======================

Professor Dr. Yuji ARUKA
Faculty of Commerce, CHUO UNIVERSITY
Higashinakano Hachioji-shi
Tokyo 192-0393 JAPAN
Tel: 81+(0)426-74-3617
Fax: 81+(0)426-74-3651
e-mail: aruka@tamacc.chuo-u.ac.jp
http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~aruka
----------------------------------------------------------------------------------------------
President, Japan Association for Evolutionary Economics
http://www.jafee.org/diary.cgi
Coordinating Editor, Evolutionary and Institutional Economics Review (Springer Series form 2015)
http://www.springer.com/economics/economic+theory/journal/40844
Editor-in-Chief, Evolutionary Economics and Social Complexity Science (Springer Monograph Series)
http://www.springer.com/series/11930
Editorial Board Member, Journal of Economic Interaction and Coordination
http://www.springer.com/economics/economic+theory/journal/11403
Editorial Board Member, Translational Systems Sciences (Springer Monograph Series)
http://www.springer.com/series/11213

企業・産業の進化研究会のご案内 (10月19日(水)19:00~21:00)

ファイル 143-1.pngファイル 143-2.docx

進化経済学会MLのみなさま

お世話になっております。東京大学ものづくり経営研究センターの許経明でございます。

次回の「企業・産業の進化研究会」が10月19日(水)に幣センターで、
下記のとおり行われますので、ご案内致します。
ご多忙のことと存じますが、是非ご出席くださいますようご案内申し上げます。
準備の都合上、ご出席の方はご返信いただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。


日時:10月19日(水) 19:00~21:00頃

場所:東京大学ものづくり経営研究センター
   東京大学経済学研究科 学術交流棟(小島ホール5階)
地図: http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html


<地図は添付ファイル:Mapを参照ください>


■研究発表

1)塩沢由典(大阪市立大学名誉教授)

<発表タイトル>
「比較優位と競争優位の概念整理と競争優位の操作可能概念化への提案」

<発表要旨>
比較優位は、J.S.ミルなどにより定式化されて以来、経済学の中心概念のひとつとして存在してきた。1990年、マイケル・ポータが「国の競争優位」という概念を提案した。これは経営学方面では広い支持を集めたが、経済学方面からはポール・クルーグマンを代表として、そのような概念は成立しない・無効であるとの異議申し立てが続いている。本報告では、近年開発された国際価値論の立場から、比較優位・競争優位の2概念を整理し、競争優位を操作可能(計量化可能)な概念として再定義したい。

<発表時間>
19:00〜21:00(質疑応答を含む)


-------------------------------------------------------------------------
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学・経済学研究科学術交流棟(小島ホール)5階
東京大学大学院経済学研究科経営教育研究センター
特任研究員
許 經明 (Shiu, Jing-Ming)
-------------------------------------------------------------------------

観光学研究部会からのお知らせ

観光学研究部会部会長の井出でございます

観光学研究部会では、9月23日に大阪で研究会を開催します。
京都のオータムカンファレンスの一日前ですので、
合わせてお出かけいただけると幸いに存じます。
皆様奮ってご参加ください。
参加ご希望の方は、私宛にメールを頂けますと幸いです。

***************************

第29回研究会が確定しました

今回は大阪で行います!
講演1 
 京都大学大学院 人間・環境学研究科 後期博士課程
  谷川嘉浩氏 「観光の教育性を考える
         ーーD.ブーアスティンとJ.デューイを手がかりに」
講演2【招待講演】
 関西大学総合情報学部教授
  古賀広志氏「LCCとマイレージマーケティング」
日時 2016年9月23日(金曜日)19:00-20:30
場所 追手門学院 大阪梅田サテライト
   (大阪市北区芝田1丁目1番4号阪急ターミナルビル16階)

詳しくはこちらをご参照ください
https://sites.google.com/site/evolutionandtourism/home

「現代日本の経済制度部会」共催研究会のお知らせ

進化経済学会の皆様,

進化経済学会「現代日本の経済制度部会」事務局を担当しております,阪南大学の西洋と申します。
当部会では,科学研究費プロジェクト「国際生産ショック後の東アジア産業システムと企業システム」と共催で,9月9日(金)にロベール・ボワイエ氏を囲んで、次の国際セミナーを開催します。
直前のご連絡となりましたが,ご関心をお持ちの方はどうぞご参加ください。

==Yokohama International Conference 2016=====================
Evolving Diversity and Interdependence of Capitalisms: EU-Asia Comparative Analysis
==========================================
Date : September 9, 2016
Venue: Landmark Tower 18F, Yokohama National University, Satellite Campus
Moderators: Toshio Yamada (Nagoya University) and Hiroyasu Uemura (Yokohama National University)
1:00-2:30 Robert Boyer (Institut des Ameriques, France)“Two Dialectics between Polity and Economy: Asian and European Integration Compared”
2:45-4:00 Lei Song (Peking University, China) and Chengnan Yan (Niigata University)“Dynamics of Developmentalism as the Mode of Régulation: From Flexible Rigidity to Rigid Flexibility”
4:00-5:00 Hironori Tohyama (Shizuoka University) and Yuji Harada (Fukuyama City University)“Diversity of Institutional Architectures underlying the Technological System in the Asian Economies”

世話人:植村博恭(横浜国立大学)huemura@ynu.ac.jp

以上,どうかよろしくお願い申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Hiroshi NISHI, Ph.D.
Associate Professor, Faculty of Economics, Hannan University 5-4-33, Amami Higashi, Matsubara, Osaka 580-8502, Japan
Email: nishi@hannan-u.ac.jp
Web site: http://www2.hannan-u.ac.jp/~nishi/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

企業・産業の進化研究会のご案内 (9月14日(水)18:00~21:00)

ファイル 138-1.pngファイル 138-2.docx

進化経済学会MLのみなさま

お世話になっております。東京大学ものづくり経営研究センターの許経明でございます。

次回の「企業・産業の進化研究会」が9月14日(水)に幣センターで、
下記のとおり行われますので、ご案内致します。
ご多忙のことと存じますが、是非ご出席くださいますようご案内申し上げます。
準備の都合上、ご出席の方はご返信いただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

    ------------------

日時:9月14日(水) 18:00~21:00頃

場所:東京大学ものづくり経営研究センター
   東京大学経済学研究科 学術交流棟(小島ホール5階)
地図: http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html

<地図は添付ファイル:Mapを参照ください>


■研究発表

1)辺成祐(ビョン・ソンウ、東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター)

<発表タイトル>
「プロセス産業の技術移転マネジメント:韓国鉄鋼メーカーの技術導入とアーキテクチャに対する認識」

<発表要旨>
新興国の企業が先進国企業の技術を導入して、成長の動力として活用していくことは、経済成長論、キャッチアップ論、技術移転論など、幅広い分野で注目を集めてきた。特に資本集約的な産業に関しては、設備に生産技術やノウハウが体化される(embodied)ことで、その設備を導入する場合、技術移転の効率が高くなるとの指摘もあった。資本集約的な鉄鋼産業、半導体産業、石油精製産業、醸造産業など、いわゆるプロセス産業が典型例である。Gerschenkron(1962)は、‘後進性の優位(economic backwardness)’を鉄鋼産業から説明した。鉄鋼産業は、生産技術やノウハウが既に蓄積されているので、後発国が大規模な資本さえ投入すれば、規模の経済を活かして効率的な生産が可能だと指摘し、これが後発国の優位だとみなした。この主張を踏まえたキャッチアップ論では、半導体産業における日米韓のキャッチアップの例を取り上げながら、半導体産業における生産技術とノウハウの高い体化度に注目した。さらに、一部のキャッチアップ議論では、鉄鋼産業でも類似したことが観察され、例えば、日本に対する韓国のキャッチアップが終わっていると主張する。
 本研究では、韓国鉄鋼産業を事例に、技術移転(導入)の早い工程と遅い工程を見分け、特に遅い工程に関しては、企業が導入技術に対して持ち得る‘認識’に注目する。韓国の鉄鋼産業は、日本からの技術導入を皮切りに、先進国から最新鋭の技術を寄せ集めて稼働してきた。しかし、1970年代の最大手のPOSCO(浦項総合製鉄株式会社)、2000年代の現代製鉄といった一貫製鉄メーカー2社は、いずれも現在、高炉では日本を追い抜く生産効率を見せているが、高級鋼生産では日本に後塵を拝している。両者の共通点は、外国からの最新鋭技術の導入だけではない。ある意味、鉄鋼技術に対する認識の‘ズレ’が生じたことも挙げられる。本研究では、技術に対する認識の問題をアーキテクチャ論からアプローチする。インテグラル型工程アーキテクチャをモジュラ型だと認識することで、そのズレに気がつくのに時間がかかってしまうこと、そしてそもそもインテグラル型工程の学習に時間がかかることが同時に作用して、技術移転が遅れることにつながるプロセスを明らかにする。このような鉄鋼生産システム進化の議論の最後では、認識のズレをもたらす原因について議論する。
<発表時間>
18:00〜19:00(質疑応答を含む)


2)有賀裕二(中央大学)

<発表タイトル>
「国際価値論と投入産出ネットワーク分析」

<発表要旨>
塩沢・藤本理論により、産業ネットワークの議論と中間財を含む国際貿易の議論に共通性があることが判明している。アクティビティアナリシスの議論でも、二つの生産集合の統合は全体の純生産価値を増加する。これと同じ推理は容易に多国間の貿易を伴う一般均衡に拡張することができる。労働雇用と最終需要を含む通常の産業連関モデルでシミュレーションを行えば、やはり、自由貿易によって世界全体の純生産価値は増大する。しかし、ここで得られる結論は、「産業特化の通説」とは異なる。むしろ同一種産業同士の交易が世界全体の生産を増大させているのである。これはすでに日本の事例でも経験的に検証されている事実である。さらに、3ヶ国、3財以上の経済のシミュレーションをしてみると、自由貿易の結果、各国の産業構造に大きな歪みが発生することもわかる。自由貿易の結果、各国の産業ネットワークに歪みが生じるのである。最近、「投入産出のネットワーク分析」という分野が確立しつつある。そして、従来の産業連関分析では看過されていた階層的構造がネットワーク分析により捕捉できるようになってきた。World Input-Outputデータを利用するネットワーク分析は最近盛んになっており、有賀たちも開発している。しかし、まだ費用構造をネットワーク分析に埋め込む議論は十分でない。塩沢国際価値論との接続が今後の緊要な課題となるであろう。

<発表時間>
19:00〜21:00(質疑応答を含む)

-------------------------------------------------------------------------
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学・経済学研究科学術交流棟(小島ホール)5階
東京大学大学院経済学研究科経営教育研究センター
特任研究員
許 經明 (Shiu, Jing-Ming)
-------------------------------------------------------------------------

企業・産業の進化研究会のご案内 (9月14日(水)18:00~21:00)

ファイル 136-1.pngファイル 136-2.docx

進化経済学会MLのみなさま

お世話になっております。東京大学ものづくり経営研究センターの許経明でございます。

次回の「企業・産業の進化研究会」が9月14日(水)に幣センターで、
下記のとおり行われますので、ご案内致します。
ご多忙のことと存じますが、是非ご出席くださいますようご案内申し上げます。
準備の都合上、ご出席の方はご返信いただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

    ------------------

日時:9月14日(水) 18:00~21:00頃

場所:東京大学ものづくり経営研究センター
   東京大学経済学研究科 学術交流棟(小島ホール5階)
地図: http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html


<地図は添付ファイル:Mapを参照ください>


■研究発表

1)辺成祐(ビョン・ソンウ、東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター)

<発表タイトル>
「プロセス産業の技術移転マネジメント:韓国鉄鋼メーカーの技術導入とアーキテクチャに対する認識」

<発表要旨>
新興国の企業が先進国企業の技術を導入して、成長の動力として活用していくことは、経済成長論、キャッチアップ論、技術移転論など、幅広い分野で注目を集めてきた。特に資本集約的な産業に関しては、設備に生産技術やノウハウが体化される(embodied)ことで、その設備を導入する場合、技術移転の効率が高くなるとの指摘もあった。資本集約的な鉄鋼産業、半導体産業、石油精製産業、醸造産業など、いわゆるプロセス産業が典型例である。Gerschenkron(1962)は、‘後進性の優位(economic backwardness)’を鉄鋼産業から説明した。鉄鋼産業は、生産技術やノウハウが既に蓄積されているので、後発国が大規模な資本さえ投入すれば、規模の経済を活かして効率的な生産が可能だと指摘し、これが後発国の優位だとみなした。この主張を踏まえたキャッチアップ論では、半導体産業における日米韓のキャッチアップの例を取り上げながら、半導体産業における生産技術とノウハウの高い体化度に注目した。さらに、一部のキャッチアップ議論では、鉄鋼産業でも類似したことが観察され、例えば、日本に対する韓国のキャッチアップが終わっていると主張する。
 本研究では、韓国鉄鋼産業を事例に、技術移転(導入)の早い工程と遅い工程を見分け、特に遅い工程に関しては、企業が導入技術に対して持ち得る‘認識’に注目する。韓国の鉄鋼産業は、日本からの技術導入を皮切りに、先進国から最新鋭の技術を寄せ集めて稼働してきた。しかし、1970年代の最大手のPOSCO(浦項総合製鉄株式会社)、2000年代の現代製鉄といった一貫製鉄メーカー2社は、いずれも現在、高炉では日本を追い抜く生産効率を見せているが、高級鋼生産では日本に後塵を拝している。両者の共通点は、外国からの最新鋭技術の導入だけではない。ある意味、鉄鋼技術に対する認識の‘ズレ’が生じたことも挙げられる。本研究では、技術に対する認識の問題をアーキテクチャ論からアプローチする。インテグラル型工程アーキテクチャをモジュラ型だと認識することで、そのズレに気がつくのに時間がかかってしまうこと、そしてそもそもインテグラル型工程の学習に時間がかかることが同時に作用して、技術移転が遅れることにつながるプロセスを明らかにする。このような鉄鋼生産システム進化の議論の最後では、認識のズレをもたらす原因について議論する。
<発表時間>
18:00〜19:00(質疑応答を含む)


2)有賀裕二(中央大学)

<発表タイトル>
「国際価値論と投入産出ネットワーク分析」

<発表要旨>
塩沢・藤本理論により、産業ネットワークの議論と中間財を含む国際貿易の議論に共通性があることが判明している。アクティビティアナリシスの議論でも、二つの生産集合の統合は全体の純生産価値を増加する。これと同じ推理は容易に多国間の貿易を伴う一般均衡に拡張することができる。労働雇用と最終需要を含む通常の産業連関モデルでシミュレーションを行えば、やはり、自由貿易によって世界全体の純生産価値は増大する。しかし、ここで得られる結論は、「産業特化の通説」とは異なる。むしろ同一種産業同士の交易が世界全体の生産を増大させているのである。これはすでに日本の事例でも経験的に検証されている事実である。さらに、3ヶ国、3財以上の経済のシミュレーションをしてみると、自由貿易の結果、各国の産業構造に大きな歪みが発生することもわかる。自由貿易の結果、各国の産業ネットワークに歪みが生じるのである。最近、「投入産出のネットワーク分析」という分野が確立しつつある。そして、従来の産業連関分析では看過されていた階層的構造がネットワーク分析により捕捉できるようになってきた。World Input-Outputデータを利用するネットワーク分析は最近盛んになっており、有賀たちも開発している。しかし、まだ費用構造をネットワーク分析に埋め込む議論は十分でない。塩沢国際価値論との接続が今後の緊要な課題となるであろう。

<発表時間>
19:00〜21:00(質疑応答を含む)


-------------------------------------------------------------------------
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学・経済学研究科学術交流棟(小島ホール)5階
東京大学大学院経済学研究科経営教育研究センター
特任研究員
許 經明 (Shiu, Jing-Ming)
-------------------------------------------------------------------------

8/6現代日本の制度部会開催のご案内について

進化経済学会会員の皆様,

阪南大学の西洋でございます。
現代日本の制度部会の開催1か月前になりました。
そこで研究会のご案内を再度お送りさせていただきま
す。
皆様,奮ってご参加ください。

*************************************************
日時:8月6日土曜日13:00-
場所:大阪市立大学・梅田サテライトキャンパス:103
教室
アクセスマップ
http://www.gscc.osaka-cu.ac.jp/access/

テーマ:『認知資本主義』(山本泰三編著)について
書籍情報はこちらです
http://www.nakanishiya.co.jp/book/b222112.html

プログラム:
13:00 はじめに
13:05-15:00 山本泰三先生ほか『認知資本
主義』
休憩
15:15-15:45 コメント1坂口明義先生
15:45-16:15 コメント2瀬尾崇先生
休憩
16:30-17:40 リプライ+フロアとのディス
カッション
18:00-懇親会
*************************************************

なお,懇親会も開催予定です。ご参加くださる方は事前
に西あてにご連絡くださいますと幸いです。
以上,どうかよろしくお願い申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Hiroshi NISHI, Ph.D.
Associate Professor, Faculty of Economics, Hannan
University 5-4-33, Amami Higashi, Matsubara, Osaka
580-8502, Japan
Email: nishi@hannan-u.ac.jp
Web site: http://www2.hannan-u.ac.jp/~nishi/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

制度と統治部会・「J・R・コモンズの貨幣・信用論」の案内―10月2日(日)

進化経済学 会員の皆様
進化経済学会・「制度と統治」部会事務局の厳成男(新潟大学)です。

今年の秋に、J・R・コモンズ『制度経済学』(1934)の邦訳書中巻(ナカニシヤ出版)が刊行される予定です。
これには、マクラウド、クナップ、ホートレー、ヴィクセルなどを検討しながら、コモンズ自身の貨幣・信用論を展開した「第9章 将来性」が含まれます。
これを機会に、J・R・コモンズの貨幣・信用論について議論する下記のような研究会を計画しました。

会員の皆様におかれましては、ご多忙のことと存じますが、是非ご出席いただきたくご案内申し上げます。

どうぞよろしくお願いいたします。

==========================
・進化経済学会・「制度と統治」部会
・テーマ:【J・R・コモンズの貨幣・信用論】
・日時:10月2日(日曜日)、13:00-17:00
・会場:日本大学経済学部・本館2階・中会議室2 (http://www.eco.nihon-u.ac.jp/about/maps/)
・プログラム
  13:00 第一報告:「無体財産と無形財産の法政治経済学-J・R・コモンズの貨幣・信用論の検討」(仮題)
        報告者:柴田徳太郎(東京大学)
  14:00 第二報告:「コモンズ『制度経済学』と貨幣経済学」
        報告者:坂口明義(専修大学)
  15:00-15:20 コーヒーブレイク
  15:20 第三報告:「ジョン・R・コモンズの管理通貨論」
    報告者:寺川隆一郎(足利工業大学)
  16:20 全体議論

・お問い合わせ先:厳成男(新潟大学経済学部、Email:chn-yan@econ.niigata-u.ac.jp)
========================


=============
厳 成男(Yan Chengnan)
新潟大学経済学部
〒950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050番地
Tel/Fax: 025-262-6511
E-mail:chn-yan@econ.niigata-u.ac.jp
=======================

観光学研究部会からのお知らせ

進化経済学会会員の皆様

観光学研究部会部会長の井出でございます

観光学研究部会では、6月24日に岡山で研究会を開催します。
皆様奮ってご参加ください。
参加ご希望の方は、私宛にメールを頂けますと幸いです。

【特別講演】
 赤澤雅弘氏「たのしい産業観光!〜小さなツアーで地域に元気と笑顔を再生」
日時 2016年6月24日(金曜日)19:00-
場所 岡山国際交流センター
   (〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町2丁目2−1)

詳しくはこちら
https://sites.google.com/site/evolutionandtourism/home

企業・産業の進化研究会のご案内 (6月29日(水)18:30~21:00)

進化経済学会 会員の皆様
企業・産業の進化研究会の皆様

6月29日(水)18:30~21:00に「企業・産業の進化研究会」を開催いたします。
ご多忙のことと存じますが、是非ご出席くださいますようご案内申し上げます。
準備の都合上、ご出席の方はご返信いただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

タイトル:「Automated Engineering: Systems Engineering for Industry 4.0」

発表者:Professor Klaus Mainzer (Chair for Philosophy of Science Technische Universität München)

要旨:More than a few grounded mid-sized businesses express frustration at the almost continual introduction of new slogans in the IT industry. Do these glossy words amount to anything more significant than simply disguising the old under the cloak of the new? With respect, the (seemingly) dumb question must then once be asked: Why do we need "automated" engineering anyway? And, how can, not just individual manufacturing processes but also complex systems, become automated? This presentation is given to discuss the challenge of Systems Engineering today when it comes to automation of factories, housing and infrastructures.

発表者の専門領域:Complex Dynamical Systems, Self-Organizing and Autonomous Systems, Chaos and Risk Theory, Artificial Intelligence (AI), Computational Brain and Embodied Robotics, Big Data Technology, Foundations of Mathematical and Engineering Sciences

発表者の経歴:
Since 2008 Full Professor (Chair W3) for Philosophy of Science, Technische Universität München
2008-2015 Director of the Carl von Linde-Academy, Technische Universität München, Germany
2012-2014 Founding Director of the Munich Center for Technology in Society, Technische Universität München, Germany
1988-2007 Director of the Institute for Philosophy, University of Augsburg, Germany
1998-2007 Director of the Institute for Interdisciplinary Informatics, University of Augsburg
1999-2001 Dean of the Philosophical Faculty, University of Augsburg
1988-2007 Full Professor (Chair C4) for Philosophy of Science, University of Augsburg, Germany
1985-1988 Vice President of the University of Constance, Germany
1982-1985 Dean of the Philosophical Faculty, University of Constance
1980-1988 Professor for Philosophy and Foundations of Exact Sciences (C3), University of Constance, Germany
1973-1979 Research Assistant, Institute for Philosophy, University of Münster, Germany

場所:東京大学ものづくり経営研究センター(http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html


-------------------------------------------------------------------------
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学・経済学研究科学術交流棟(小島ホール)5階
東京大学大学院経済学研究科経営教育研究センター
特任研究員
許 經明 (Shiu, Jing-Ming)
-------------------------------------------------------------------------