記事一覧

2014年度第2回「現代日本の経済制度」部会のご案内

進化経済学会会員の皆様

 「現代日本の経済制度」部会事務局の原田裕治です。
 本部会では,京都大学経済学研究科プロジェクトセンター
制度的経済動学プロジェクトとの共催で,下記の研究会を
開催いたします。
 ご関心をお持ちの方は,ふるってご参加ください。


         記

・日時:2月21日(土)13:00〜17:00

・場所:京都大学法経済学部東館1階101演習室
 当日は,建物の入り口がロックされている可能性があります。
その際は,原田(090-3955-3749)までご連絡下さい。

・内容
 西洋氏著書『所得分配・金融・経済成長』(日本経済評論社,2014年)を読む

はじめに(13:00〜13:30)
  西洋氏(阪南大学)「同書のねらい」
第1報告(13:30〜14:20)
  植村博恭氏(横浜国立大学)
第2報告(14:30〜15:20)
  薗田竜之介氏(佐賀大学)
  著者リプライ(15:30〜16:00)
  西洋氏(阪南大学)
全体討論(16:00〜17:00) 

 研究会終了後,懇親会を予定しております。                             

                  以上

原田裕治(福山市立大学)

2015年春季進化経済学会北海道東北部会の案内

進化経済学会会員 各位

お世話になっております。小樽商科大学の宮崎です。

下記の日程で,進化経済学会北海道・東北部会を開催いたします。
みなさま,奮ってご参加いただければ幸いです。

日時:2015年3月23日(月)午後16時から
場所:北海道大学経済学研究棟3F 大会議室

開会の挨拶(16:00~14:05)
報告&ディスカッション(16:00~17:55)

 報告者 塩沢 由典(前中央大学教授、大阪市立大学名誉教授)
 論題 国際価値論の意義と射程
 要旨 経済学の価値論は、古典派価値論と新古典派価値論に大別される。限界革命以降、価値論の主流は新古典派価値論(需給均衡論)となったが、現在の主流派経済学を根底から批判するには、古典派価値論の復権が求められる。
    古典派価値論には、二つの弱点があったが、それらは近年克服された。報告は、その意義と再建された古典派価値論に基づく理論展開を展望する。

コメンテーター 久保田 肇(北海道大学経済学研究科教授)

閉会の挨拶,その他連絡事項(17:55~18:00)

司会:西部忠(北海道大学経済学研究科教授)

なお,部会終了後に懇親会を予定しております。
予約の関係上,懇親会へ参加予定の方は事前に宮崎までご一報いただけますと助かります。
何とぞよろしくお願いいたします。

★お問い合わせは,下記までお願いいたします。
 部会代表 吉地 望(北海道武蔵女子短期大学)kichiji@hmjc.ac.jp
 部会会計 宮崎 義久(小樽商科大学)frontier-spirit-21-y.m@nifty.com

企業・産業の進化研究会のご案内(2月4日19:00~21:00)

進化経済学会 会員の皆様
企業・産業の進化研究会の皆様

2月4日(水)19:00~21:00に「企業・産業の進化研究会」を開催いたします。
ご多忙のことと存じますが、是非ご出席くださいますようご案内申し上げます。
準備の都合上、ご出席の方はご返信いただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

タイトル:”Choice of Product Architecture, Product Quality, and Intra-Firm Coordination:Theory and Evidence”
(by Hodaka Morita (University of New South Wales),Tsuyoshi Tsuru(Hitotsubashi University), and Kentaro Nakajima(Tohoku University))
ご発表:都留 康先生(一橋大学)

場所:東京大学ものづくり経営研究センター(http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html

*今年度のご案内は、東京大学ものづくり経営研究センターの辺、向井助教の二人が対応いたします。

東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任助教
辺 成祐 buddybyun@gmail.com
向井悠一朗 mukai@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp

向井 悠一朗
東京大学大学院経済学研究科 ものづくり経営研究センター
特任助教
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 小島ホール5階
03-5841-0687
mukai@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp

観光学研究部会からのお知らせ

観光学研究部会の井出でございます。
第24回研究会が近づいてまいりました。
今回は、観光学の領域を超えた意欲的なご報告を2件いただきます。
皆さまのご参加をお待ちしております。

日時 2014年12月6日(土曜日)19:15-
場所 大阪市立青少年センター KOKOPLAZA(ココプラザ)
講演1.
 「観光交通研究の体系化に向けた現状と課題について」
   和歌山大学大学院 観光学研究科
    後期博士課程  中村 敏氏
講演2.【招待講演】
 「ハンセン病療養所の世界遺産化について」(仮題)
  国立療養所 長島愛生園歴史館 
    学芸員  田村 朋久氏

お席の都合上、
http://my.formman.com/form/pc/r8dUWiZeHmxQ1M7j/
からお申込みください。
学会員以外のお友達も歓迎致します。
今回は会場のキャパの関係で20名限定となります。
研究会終了後、1時間程度の懇親会を行います。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://sites.google.com/site/evolutionandtourism/home

企業・産業の進化研究会のご案内(12月17日19:00~)

進化経済学会 会員の皆様
企業・産業の進化研究会の皆様

12月17日(水)19:00~に「企業・産業の進化研究会」を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
(場所:東京大学ものづくり経営研究センターhttp://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html
お忙しいことと存じますが、日程調整のうえ、是非ご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
準備の都合上、ご出席の方はご返信いただけますと幸いです。

タイトル:企業統治の変化と日本企業の多様性
ご発表:宮本光晴先生(専修大学)

*今年度のご案内は、東京大学ものづくり経営研究センターの辺、向井助教の二人が対応いたします。

東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任助教
辺 成祐 buddybyun@gmail.com
向井悠一朗 mukai@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp

向井 悠一朗
東京大学大学院経済学研究科 ものづくり経営研究センター
特任助教
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 小島ホール5階
03-5841-0687
mukai@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp

進化経済学会北海道・東北部会のご案内

進化経済学会会員 各位

お世話になっております。小樽商科大学の宮崎です。

おかげさまで進化経済学会オータムコンファレンスは,盛況のうち終了することができました。
司会・報告者のみなさま,ご参加いただいたみなさま,誠にありがとうございました。

また先日アナウンスしましたように,今週10月4日(土)に進化経済学会北海道・東北部会を開催いたします。
みなさま,奮ってご参加いただければ幸いです。

日時:2014年10月4日(土)午後14時から
場所:北海道大学経済学研究棟3F 大会議室

開会の挨拶(14:00~14:05)
第一報告(14:05~15:05)牛澤隆司 Ryuji, Ushizawa (北海道大学大学院経済学研究科 博士後期課程)「Duverger's law and the M+1 rule(デュヴェルジェの法則とM+1ルール)」
第二報告(15:20~16:20)西部忠 Makoto, Nishibe(北海道大学大学院経済学研究科 教授) 「『観念の自己実現』としての貨幣:拙著『貨幣という謎-金と日銀券とビットコイン』(NHK出版,2014)をめぐって」
閉会の挨拶,その他連絡事項(16:20~)
司会:吉地望(北海道武蔵女子短期大学 教授)

(以上,敬称略)

なお,部会終了後に懇親会を予定しております。
予約の関係上,懇親会へ参加予定の方は事前に宮崎までご一報いただけますと助かります。
何とぞよろしくお願いいたします。

小樽商科大学 ビジネス創造センター
学術研究員

宮崎 義久 Yoshihisa MIYAZAKI
〒047-8501 小樽市緑3丁目5番21号
TEL 0134-27-5482/FAX 0134-27-5483
Mail miyazaki1002@office.otaru-uc.ac.jp

第4回「制度と統治部会」のご案内

進化経済学会 会員の皆様

ようやく暑さも収まってきました今日この頃ですが、会員の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。

さて、下記の要領で、「制度と統治」部会を開催いたします。今回は部会員著作の合評会です。ご興味ご関心お持ちの会員におかれましては奮ってご参加ください。

第4回「制度と統治」部会

日時:10月4日(土) 13時~17時まで

場所:阪南大学 あべのハルカスキャンパス セミナー室 1

詳細は以下のURLをクリックください。

http://www.hannan-u.ac.jp/harukasu/mrrf43000000vwgw.html

内容

第一報告

報告者:海老塚 明氏(大阪市立大学)

報告テーマ:「アンドレ・オルレアン著(坂口明義訳)『価値の帝国』を読む」

第二報告

報告者:西 洋 氏(阪南大学)

報告テーマ:“Review on Hiroaki Sasaki, Growth, Cycles, and Distribution: A Kaleckian Approach, Kyoto University Press, 2014.”

なお、部会終了後、懇親会を行います。

以上、宜しくお願い申し上げます。

中原隆幸 拝
**********************
阪南大学 経済学部
中原隆幸
〒580-8502
大阪府松原市天美東5丁目4番33号
℡:072-332-1224(大代表)
研究室内線番号(8408)
e-mail: nakahara@hannan-u.ac.jp
**********************

The second announcement: 非線形問題研究部会・研究会 no.1のお知らせ

会員各位

下記の要領で社会経済物理学者Bertrand Roehner先生のセミナーを開催します。

主催 科研費集会「システミック・リスクと社会経済システムのレジリエンスに関する研究」
基盤(B) 課題番号26282089
共催 進化経済学会非線形問題部会
日時 2014年9月18日木曜日 15:00-18:00
場所 中央大学駿河台記念館220号室
アクセス http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/

課題 Influence of the US State Department on the European construction
レジュメ http://www.lpthe.jussieu.fr/ roehner/ocn.pdf

講師 Bertrand Roehner, University Pierre and Marie Curie, Paris

懇親会 研究会後、簡単な懇親会を開催します。

ちなみに、Roehner先生のホームページは
http://www.lpthe.jussieu.fr/~roehner/

ご存知のように彼は元々はパリ大学高エネルギー研究所に所属する物理学者ですが、古くから社会・経済物理の研究を始め、最近は戦後の占領政策の国際比較研究を展開しております。

また彼は毎年、秋学期、北京師範大学systems science departementで講義しておりますが、今年で5年目となります。北京に来るたびにかならず日本に立ち寄るので、皆様もお会いになっていることも多いかと思います。9月14−21日に訪日するということで、9月18日にゼミナーを設定することになりました。

今回のテーマも歴史的課題ですが、Roehner先生からのメールでは一橋大学の楡井教授とパリで議論して関心をもたれたと書いてあります。
ぜひお集りいただけますと幸いです。

有賀裕二 拝

Professor Dr. Yuji ARUKA

Faculty of Commerce, CHUO UNIVERSITY

Higashinakano Hachioji-shi

Tokyo 192-0393 JAPAN

Tel: 81+(0)426-74-3617

Fax: 81+(0)426-74-3651

e-mail: aruka@tamacc.chuo-u.ac.jp

http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~aruka

----------------------------------------------------------------------------------------------

Vice-President, Japan Association for Evolutionary Economics

http://www.jafee.org/diary.cgi

Editor-in-Chief, Evolutionary and Institutional Economics Review

http://evolutionary-and-institutional-economics-review.jp

Editor-in-Chief, Evolutionary Economics and Social Complexity Science (Springer Monograph Series)

http://www.springer.com/series/11930

Editorial Board Member, Journal of Economic Interaction and Coordination

http://www.springer.com/economics/economic+theory/journal/11403

Editorial Board Member, Translational Systems Sciences (Springer Monograph Series)

http://www.springer.com/series/11213

観光学研究部会からのお知らせ

進化経済学会の皆さま

観光学研究部会の井出でございます

オータムカンファレンスの前日に、
同一会場にて研究会を開きます。
皆様お気軽にお越しください。


進化経済学会 観光学研究部会
 第23回研究会 【札幌で行います/研究会は無料、懇親会は別途精算】
 18:30−20:00を予定(その後、懇親会を予定しております)
講演1.「アニメツーリズムの現状と課題」
   芝浦工業大学システム理工学部 堀内和哉氏  小山友介准教授
講演2.「歴史文化の観光資源化における諸問題」
   小樽商科大学ビジネス創造センター  学術研究員 高野宏康博士
日時 2014年9月19日(金曜日)18:30-
場所 小樽商科大学札幌サテライト(札幌駅側Sappro55ビル3階)中会議室
お席の都合上、
http://my.formman.com/form/pc/r8dUWiZeHmxQ1M7j/
からお申込みください。
今回は会場のキャパの関係で20名限定となります。
研究会終了後、懇親会を行います。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://sites.google.com/site/evolutionandtourism/home

--
〒567-8502 大阪府茨木市西安威 2-1-15
追手門学院大学経営学部
准教授 井出 明:博士(情報学)
TEL +81+72+641+7643 FAX +81+72+643+9432 
email:akiraide@gakushikai.jp
Akira Ide,Ph.D Associate Prof. Faculty of Management,Otemon Gakuin University
2-1-15 Nishiai Ibaraki-city, Osaka 567-8502, Japan

企業・産業の進化研究会(9月3日)

進化経済学会 会員の皆様

****
学会全体のMLに届いていないとのことなので、改めてご案内いたします。
事務的なトラブルで長らくご案内ができず、申し訳ございませんでした。
メールが重複して届いた方におかれましては、あしからずご了承いただきたく存じます。
****

9月3日(水)18:30~に「企業・産業の進化研究会」を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
(場所:東京大学ものづくり経営研究センターhttp://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html
お忙しいことと存じますが、日程調整のうえ、是非ご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
準備の都合上、ご出席の方はご返信いただけますと幸いです。

【内容】
新しい国際価値論と世界市場における競争分析(仮題)
                             塩沢由典
(1)新しい国際価値論の概説
①各国間の賃金率が明示的に決まる理論
②生産費における競争
 マルクス『資本論』第3巻第50章「競争の概観」など
③新技術の獲得(生産性向上への競争)

(2)賃金率格差のもとでの競争
①企業・職場単位での競争
②雁行形態論(第一形)
③フラグメンテーション
④新々貿易理論

(3)貿易理論史におけるさまざまな誤解(with吉井&藤本)
①絶対生産費説と相対生産費説
②18世紀ルールについて

*今年度のご案内は、東京大学ものづくり経営研究センターの辺、向井助教の二人が対応いたします。

東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任助教
辺 成祐 buddybyun@gmail.com
向井悠一朗 mukai@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp

向井 悠一朗
東京大学大学院経済学研究科 ものづくり経営研究センター
特任助教
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 小島ホール5階
03-5841-0687
mukai@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp