記事一覧

2014年度第1回「現代日本の経済制度」部会のご案内

進化経済学会会員の皆様

 「現代日本の経済制度」部会事務局の原田裕治です。
 急なご案内で申し訳ありません。本部会では,下記の要領で今年度1回目の研究会を開催いたします。
 いずれの報告もサービス産業・サービス化をテーマとするものです。
 ご関心をお持ちの方は,ふるってご参加ください。


         記

・日時:4月26日(土)14:00~18:00

・場所:名古屋大学経済学部演習室18(4F)
http://www.soec.nagoya-u.ac.jp/access.html

・内容
第1報告(14:00~15:20)
  平野泰朗氏(摂南大学)「文化産業の制度分析」
第2報告(15:30~16:50)
  西部忠氏(北海道大学)「情報化とサービス化の複合傾向としての脱工業化:経済学の今後のあり方へのインプリケーション」
全体討論(17:00~18:00) 

 研究会終了後,懇親会を予定しております。                             

                  以上

原田裕治(福山市立大学)

企業・産業の進化研究会(4/9)開催のご案内

お世話になっております。
4月9日(水)に「企業・産業の進化研究会」を開催いたしますので、
ご案内申し上げます。
お忙しいとは存じますが、日程調整のうえ、是非ご参加くださいますよう、
よろしくお願い申し上げます。

詳細は、後日改めてご案内申し上げます。

=====================================
日時:4月9日(水) 19:00~21:00
場所:東京大学ものづくり経営研究センター
東京大学経済学研究科 学術交流棟(小島ホール5階)
地図:http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html

発表者:渡辺努(東京大学) 先生
タイトル:未定
要旨:物価の価格硬直性についてのご報告の予定です
=====================================

工藤悟志

第4回「制度と統治」研究部会のご案内

進化経済学会 会員各位

今年もお世話になります。「制度と統治」研究部会、事務局の中原(阪南大学)でございます。
次回部会の件について、ご連絡申し上げます。諸事にご多忙のことかと存じますが、奮ってご参加くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

第4回「制度と統治」研究部会

日時
2月28日(金) 14時~18時
場所
大阪市立大学梅田サテトライトキャンパス 第1教室(大阪駅前第二ビル6F)
 詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.gscc.osaka-cu.ac.jp/access/

報告者(五十音順)

大田一廣氏 (阪南大学)
報告演題 「エコノミーの系譜学 百科全書を中心に」

斉藤日出治氏 (大阪産業大学)
報告演題 「市民社会と政治」(仮題)

実は、両先生とも本年度末をもちましてめでたく御退職なされます。その退職記念の一環として本研究会でもお二方に研究報告をお願いさせていただくことになりました。

なお、当日、6時半から会場近辺にて立食形式のパーティーを開催いたします。
これにご参加いただけます方におかれましては、大変恐縮でございますが、会場準備の都合上、1月31日(金)までに、事務局中原までご連絡いただきたく何卒宜しくお願い申し上げます。

中原隆幸 拝
**********************
阪南大学 経済学部
中原隆幸
〒580-8502
大阪府松原市天美東5丁目4番33号
℡:072-332-1224(大代表)
研究室内線番号(8408)
e-mail: nakahara@hannan-u.ac.jp
**********************

企業・産業の進化研究会(1月15日)のご案内

進化経済学会 会員の皆様

企業・産業の進化研究会のお知らせ
日時:1月15日(水) 19:00~21:00
場所:東京大学ものづくり経営研究センター
東京大学経済学研究科 学術交流棟(小島ホール5階)
地図:http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html

発表①
発表者 稲水伸行(筑波大学・准教授 )
    福澤光啓(成蹊大学・専任講師)
タイトル:「自動車組立職場のリーダー行動の有効性:エージェント・ベース・シミュレーションと時間分析による検討」

要旨:本研究は、生産ラインにおけるリーダーの行動の有効性について、エージェント・ベース・シミュレーションによるモデル構築と現場調査の両面からアプローチする。シミュレーションにより、リーダーのライン入り対応は、タスク負荷が比較的高い場合と問題発生率が小さい場合に限り、劇的に生産の流れを良くすることが明らかとなる。しかし、そのようにして達成された効率的な生産の流れは、わずかな問題発生率の変化に極めて脆弱であることも明らかとなる。このシミュレーション結果は、ある自動車組立職場のグループリーダーを対象とした時間分析などの現場調査と符合するものであることも示される。

発表②
発表者 藤本隆宏(東京大学・教授 )
タイトル:「成長へ「現場」強化支援を」
要旨:日経新聞1月10日朝刊「経済教室」(添付ファイル)に掲載された内容につきまして、議論いたします。

=====================================

進化経済学会九州部会研究会のお知らせ

進化経済学会会員 各位

進化経済学会九州部会では、下記の要領にて研究会を開催いたします。
奮ってご参加ください。

日時:2014年1月25日(土) 14時~17時
場所:九州産業大学1号館9階 経済学部中会議室

報告者と報告論題:
第1報告 14:00~15:00
薗田竜之介氏(佐賀大学経済学部准教授)「正規労働と非正規労働の賃金決定
制度の差異を考慮したカレツキアン・モデル」
 休憩(20分)
第2報告 15:20~16:20
石塚史樹氏(西南大学経済学部教授)「ドイツ大規模企業経営者の歴史的変容」

支部総会(報告終了後~17:00迄)
研究会終了後、情報交換交流会(懇親会)の予定

問い合わせ先 九州産業大学経済学部岡村研究室(☏092-673-5217)
岡村東洋光 九州産業大学経済学部
〒813-8503 福岡市東区松香台2-3-1
研究室☎092-673-5217 
okamura.t@ip.kyusan-u.ac.jp

第3回「制度と統治」研究部会開催のご案内(再送)

進化経済学会 会員の皆様

阪南大学の中原と申します。以前にご案内申し上げました部会の開催日が近づいて参りましたので再度ご案内申し上げます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
以下再送部分

下記の要領で第3回「制度と統治」研究部会を開催いたします。
今回は、先頃出版されました翻訳書 ボルタンスキー・シャペロ著『資本主義の新しい精神』(ナカニシヤ出版)の合評会を行います。
今回は、この大著を訳出された先生方にご参加いただき、その全貌を明らかにしていただきます。
師走の慌ただしい時期ではございますが、万障お繰り合わせの上ご参加くださいますよう宜しくお願い申し上げます。


日時 12月7日(土)13:00~17:00

場所 大学コンソーシアム大阪 キャンパスポート大阪4F(大阪駅前第二ビル4F)
 http://www.consortium-osaka.gr.jp/about/access.html

テーマ「『資本主義の新たな精神』を読む」

第一部「訳者による解説」(全体的な内容と各章の個別の内容に分けて行われます)

第一報告 三浦直希氏 (上智大学(非))
第二報告 川野英二氏 (大阪市立大学)
第三報告 白鳥義彦氏 (神戸大学)

休憩

第二部 『資本主義の新たな精神』へのコメント
第一報告 若森章孝氏 (関西大学)「『資本主義の新しい精神』をどう読むのか(仮題)」
第二報告 宮本光晴氏 (専修大学)「日本資本主義の新たな精神」

なお、終了後、懇親会を開催いたします。ご参加いただける方は中原までご連絡いただければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

中原隆幸 拝
**********************
阪南大学 経済学部
中原隆幸
〒580-8502
大阪府松原市天美東5丁目4番33号
℡:072-332-1224(大代表)
研究室内線番号(8408)
e-mail: nakahara@hannan-u.ac.jp
**********************

観光学研究部会からのご案内

進化経済学会の皆様

観光学研究部会の井出でございます

次回研究会のご案内をさせていただきます。
詳しくは、以下のリンクを御覧ください。


第20回研究会 
1.【招待講演】湯淺 墾道(情報セキュリティ大学院大学)“タクシーのプライバシーと個人情報保護に関する諸問題”

2.徳久倫康(ゲンロン)“「福島第一原発観光地化計画」の一年”

※今回は、観光学の対象としてこれまであまり取り上げられてこなかったタクシーに関する研究報告と東浩紀編著「福島第一原発観光地化計画」の編集者による1年の奮闘の報告が予定されています。

日時 2013年12月6日(金曜日)18:30-

場所 情報セキュリティ大学院大学
http://www.iisec.ac.jp/access/

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-14-1

(横浜駅 きた西口より徒歩1分・西口より徒歩3分)
お席の都合上、
http://my.formman.com/form/pc/r8dUWiZeHmxQ1M7j/
からお申込みください。
今回は会場のキャパの関係で15名限定となります。
研究会終了後、忘年会を行います。


追伸
NHKスペシャルで、短いですが数分お話ををさせていただきます。
【番組名】 NHKスペシャル「シリーズ東日本大震災 保存か解体か~震災遺構をめぐる議論~」
【放送局】 NHK総合【日 時】 11月29日(金)22:00~22:49
【内 容】番組の中で、海外の観光資源として遺構が活用されている事例の紹介と、悲しみの承継のために遺構がどのような可能性を有しているかという観点からの話が紹介されると思います。番組HP:http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/1129/


皆様の御蔭でダークツーリズムも流行語大賞にノミネートされるほどになりました。
こころから感謝しております。
今後ともご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。


--
〒567-8502 大阪府茨木市西安威 2-1-15
追手門学院大学経営学部
准教授 井出 明:博士(情報学)
TEL +81+72+641+7643 FAX +81+72+643+9432 
email:akiraide@gakushikai.jp
Akira Ide,Ph.D Associate Prof. Faculty of Management,Otemon Gakuin University
2-1-15 Nishiai Ibaraki-city, Osaka 567-8502, Japan

第2回「制度と統治」研究部会のご案内(再送)

進化経済学会 会員の皆様

阪南大学・経済学部の中原でございます。

先日ご案内申し上げました研究会の開催日が近づいて参りましたので、再度ご案内申し上げます。
なお、誠に勝手ながら、諸般の事情により、当初予定しておりました報告論題および報告者が一部変更になっております。あわせてご確認くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

研究会詳細

開催場所:新潟大学  経済学部
第一共同研究室(経済学部棟D345)  下記URLを参照ください。

http://www.niigata-u.ac.jp/top/access_ikarashi.html

9月13日 午後(14:00~18:00)
第一報告: 服部茂幸(福井県立大学・教授) 「新著 『新自由主義の帰結』(岩波新書)の紹介」
第二報告: 中原隆幸(阪南大学・教授) 「服部茂幸著『新自由主義の帰結』を評する」
第三報告: 宇仁宏幸(京都大学・教授) 「J.R. コモンズの累積的因果連関概念」

9月14日 午前(10:00~12:30)
第一報告: 石田葉月(福島大学・准教授) 「化石燃料と経済成長(仮)」
第二報告: 厳 成男(新潟大学・准教授) 「原発誘致と地域経済発展-脱原発以降の原発立地地域の経済を考える」

* 9月13日の研究会終了後、懇親会を予定しております。参加予定の方は、下記の厳成男研究室までご一報ください。(参加費予算:約3,000円)
新潟大学 経済学部
厳 成男 研究室
Tel & Fax : 025-262-6511; E-mail : chn-yan@econ.niigata-u.ac.jp

**********************
阪南大学 経済学部
中原隆幸
〒580-8502
大阪府松原市天美東5丁目4番33号
℡:072-332-1224(大代表)
研究室内線番号(8408)
e-mail: nakahara@hannan-u.ac.jp
**********************

第2回「制度と統治」研究部会のご案内

進化経済学会 会員の皆様

第2回「制度と統治」研究部会を以下の要領で開催いたします。まだまだ残暑が厳しい時期かと存じますが、奮ってご参加くださいますよう宜しくお願い申し上げます。
今回は、新自由主義と原発の問題をメイン・テーマに設定して、新潟大学経済学部にて二日間にわたり議論をしたいと存じます。

部会開催場所

新潟大学 経済学部(詳細については下記URLを参照ください)
http://www.niigata-u.ac.jp/top/access_map.html
なお開催教室は現在交渉中です。詳細は追ってご連絡申し上げます。

研究会日程
第一日目
 9月13日 午後(14:00~18:00):
第一報告
服部茂幸氏(福井県立大学)
「 新著『新自由主義の帰結』(岩波新書)紹介」
第二報告
山田鋭夫氏(名古屋大学・名)
「平田清明の『市民社会論』再考(仮)」

第二日目
  9月14日 午前(10:00~12:30):
第一報告
石田葉月氏(福島大学)
「 化石燃料と経済成長(仮)」
第二報告
厳 成男氏(新潟大学)
「原発誘致と地域経済発展-脱原発以降の原発立地地域の経済を考える」

なお、各報告者に一名ずつコメンテーターをつける予定ですが、現在までのところ詳細が決まっておりません。9月にリマインダーメールをお送りする際にご報告させていただきます。ご質問等ございましたら、部会事務局・中原(阪南大学)まで遠慮なくお問い合わせください。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

中原隆幸 拝

**********************
阪南大学 経済学部
中原隆幸
〒580-8502
大阪府松原市天美東5丁目4番33号
℡:072-332-1224(大代表)
研究室内線番号(8408)
e-mail: nakahara@hannan-u.ac.jp
**********************

企業・ 産業の進化研究会(6/19)開催のご案内

進化経済学会 会員の皆様
企業・産業の進化研究会 ご参加の皆様

お世話になっております。工藤です。
6月19日(水)に「企業・産業の進化研究会」を開催いたします。
お忙しいとは存じますが、日程調整のうえ、是非ご参加ください。
よろしくお願い申し上げます。


日時:6月19日(水) 19:00~21:00
場所:東京大学ものづくり経営研究センター 
   東京大学経済学研究科 学術交流棟(小島ホール5階)
地図:http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html

発表①:
発表者:塩沢由典 先生(中央大学教授)
タイトル:「設計の複雑さのもうひとつのパラブル」
要旨:設計の複雑さは、アーキテクチャ論をはじめ、多くの分野で基本的な主題となっている。本報告では、設計の複雑さを、多数の制約条件をもった最適化問題(たとえば、作業順位つき最適スケジューリング問題)の計算複雑さと捉えることにより、いくつかの問題が整理できることを示す。

発表②:
発表者:佐武弘章 先生(福井県立大学名誉教授)
タイトル:「個人責任の明確化(見失われた日本的経営の難点)」
要旨:最近の日本企業の競争力の急激な低落に対しさまざまな競争戦略が提唱されているが、難点は戦略にあるのではなく、経営組織にあるのではなかろうか。日本企業の意思決定の拙遅は組織における個人責任の不明確さによる。
 この難点はすでに第二次大戦直後に指摘されていた。その後の日本企業の相対的な高度成長の中で、この難点の評価が変遷して現代に至っている。本報告では、その経過の要約を追跡して、現時点で日本企業はどのような組織設計を選ぶことができるかを論点にしたい。個人責任の明確化を最重点課題にしてきたS社の事例を検討してこの問題に接近する。