進化経済学会仙台大会オンライン開催移行のお知らせ

進化経済学会のみなさま

先週土曜日に以下のメールをMLに送信したのですが、うまく流れなかったようですので、もう一度送ります。

—————————————————————————————————————————————–

進化経済学会会長の西部忠です。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、3月28-29日に予定されていた仙台大会を5月23−24日に延期し、当初予定されていた東北大学ではなく仙台高等専門学校にて開催すると理事会で決定し、そのことを大会事務局からアナウンスしていただいております。

その際、仙台大会をこの通り実施するか、それを諦めてオンライン会議として実施するかの判断は、理事会から会長、副会長、事務局長、大会運営委員長に一任していただきました。

今週に入り、4月7日に政府が7都道府県に緊急事態宣言を出し、10日には愛知県、岐阜県が独自に緊急事態宣言を出すなど、事態は一層深刻化してきています。

このため、会長、副会長、事務局長、大会運営委員長で大会実施について協議した結果、感染者数は今後も増え続け、5月下旬においてもまだ山を越えていない公算が高いと考えられるので、仙台高専での大会を断念して、オンライン学会として実施するとの結論に達しました。

オンライン学会はZOOMを利用したセッションを複数設置して実施し、理事会、総会も同様にZOOMを利用したウェブ会議を行う予定です。
ZOOMにセキュリティ上の問題があると指摘されましたので、その対策も講じた運営方法を考えます。

大会実施の詳細については大会実行委員会より、理事会、総会については事務局よりアナウンスする予定です。

オンライン学会は本学会として初めての試みですので、何らかの不具合や不都合が生じる可能性もあります。
大会を成功裏に実施できますよう、会員の皆様のご理解とご協力を切にお願いします。

末筆ながら、皆様のご健勝をお祈りいたします。

専修大学経済学部 西部忠
nishibe@isc.senshu-u.ac.jp

あわせて読みたい