第6回(2021年度)

原田哲史会員

『19世紀前半のドイツ経済思想――ドイツ古典派、ロマン主義、フリードリヒ・リスト』(ミネルヴァ書房, 2020年)


第5回(2020年度)

森岡真史会員

受賞対象

‘The basic theory of quantity adjustment’, in Shiozawa, Morioka, and Taniguchi (2019), pp.139- 194.

‘Dynamic properties of quantity adjustment process under demand forecast formed by moving average of past demands’, in Shiozawa, Morioka, and Taniguchi (2019), pp.195-255

‘Extensions of model analysis of the quantity adjustment process in several directions’, in Shiozawa, Morioka, and Taniguchi (2019), pp.257-289

(Shiozawa, Y., Morioka, M. and Taniguchi, K. , Microfoundations of Evolutionary Economics, Springer 2019 の第 3 章、第 4 章、第 5 章)


第4回(2019年度)

西部忠会員,草郷孝好会員,吉地望会員,橋本敬会員,小林重人会員,栗田健一会員,吉田昌幸会員,宮崎義久会員

西部忠編著『地域通貨によるコミュニティ・ドック』(専修大学出版会,2018 年)


第3回(2018年度)

都留康会員

『製品アーキテクチャと人材マネジメント――中国・韓国との比較からみた日本』(岩波書店,2018 年)


第2回(2017年度)

井上寛康会員

‘Analyses of aggregate fluctuations of firm production network based on the self-organized criticality model’, EIER Published online: 10 August 2016.


第1回(2016年度)

塩沢由典会員

『リカード貿易問題の最終解決――国際価値論の復権』(岩波書店、2014年)