観光学研究部会から研究会のお知らせ

観光学研究部会の井出でございます

約3年ぶりに、対面での研究会を実施いたします。

時節柄、公式の懇親会は設定しませんが、

この時期の北陸は美味しいものに溢れているため、

こちらも楽しみにお越しください。

詳しくはこちらをどうぞ
https://sites.google.com/site/evolutionandtourism/

*****以下告知内容*****

進化経済学会 観光学研究部会 第48回研究会

演題 高岡の成り立ちと推移 ~金沢との関わりを意識して~

講師 高岡市立博物館主幹 仁ヶ竹亮介氏

日時 2022年12月16日18:30-19:45  

会場 金沢大学サテライト・プラザ1F
   〒920-0913 石川県金沢市西町3番丁16

【ご講演概略】富山県高岡市は慶長14年(1609)9月13日、加賀前田家2代当主・前田利長により新たな城下町として開町されました。その後、幾多の困難を乗り越えながら、加賀藩第2の商工都市として発展しました。また、近代においては、「北陸の大阪」とも称され、現在までも高岡は富山県第2の都市として位置づけられます。その過程において大きな関わりがあった金沢を意識しながら、高岡のあゆみをご紹介します。

今回は対面式で行います。
コロナ対応のため、30名限定とさせていただいております。
聴講希望の方は、12月14日までに以下のリンクからお申し込みください。
https://forms.gle/qY6DSxYV7bdQAEYB8
締め切り前でも、人数が上限に達した段階で申込みを終了させていただきます。
※新型コロナウイルスの感染状況によっては、オンライン開催になる可能性があります


〒920-1192石川県金沢市角間町

金沢大学国際基幹教育院 准教授 井出 明:博士(情報学)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です