制度と統治」部会・研究会(2019年7月6日、大阪)のご案内

会員の皆様
お世話になっております。立教大学の厳成男です。
進化経済学会「制度と統治」部会では、下記の要領で研究会を開催します。
ご興味のある方々のご参加をお待ち申し上げます。
ーーーーー
テーマ:担保の歴史的展開~担保制度及び対象資産の変遷の多面的検討
日 時:2019年7月6日(土曜日)13:00~17:00
会 場:阪南大学あべのハルカスキャンパス()第1セミナー室
開催趣旨:古今東西問わず、担保制度は存在し、様々な種類・形態の盛衰があった。それらはその時々に応じた社会制度的条件の下に、様々な資産を対象として生成、発展、そして衰退をした。本企画はこのような観点に沿って担保史研究会を構成する経済史、経営史、法学といった各研究者が、担保制度及び対象資産の変遷を多面的に検討する。
上記のような古今東西の担保制度や対象資産の変遷を進化という観点で捉えた場合、次のような示唆を与えると考える。まず進化とはある環境下において生存に有利な変異が選択され、やがて優位性を獲得して行くことをいう。決して普遍的に優れていく過程を意味する訳ではない。担保制度においてもある制度やその対象資産がある国のある時代の社会において偶然有利であったから選択されたに過ぎず、それ故に変遷して行ったことが本企画における報告全体を通じて理解されることと思う。
プログラム:
・13:00~13:40 第一報告:宮坂渉(筑波大学)「古代ローマにおける物的担保」
・13:40~14:20 第二報告:池田雄二(阪南大学)「非典型担保の生成と展開」
・14:20~14:40 コーヒー・ブレイク
・14:40~15:20 第三報告:佐藤秀昭(住友史料館)「銀行業・倉庫業の源流としての並合業 明治期住友本店の質物貸金を事例として」
・15:20~16:00 第四報告:金城亜紀(学習院女子大学)「諏訪の製糸金融にみる銀行業と倉庫業のアンバンドンリング」
・16:00~17:00 全体討論
司会・コメンテーター:高橋秀直(筑波大学)
*研究会のチラシを添付いたしますので、ご参照ください。
ーーーーーー
どうぞよろしくお願いいたします。
==============================
厳 成男(げん せいなん)
立教大学経済学部
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
Tel / Fax:03-3985-2333(内線2333)
E-mail:chn-yan@rikkyo.ac.jp
——————————
Chengnan YAN
Faculty of Economics, Rikkyo University,
Address:3-34-1 Nishi-ikebukuro, Toshima-ku,
Tokyo 171-8501, JAPAN
Tel / Fax:+81(0)3-3985-2333
E-mail:chn-yan@rikkyo.ac.jp
============================================

5月22日(水)進化経済学会「企業・産業の進化研究部会」開催案内

進化経済学会会員各位
いつも大変お世話になっております。東京大学MMRC特任助教の黄でございます。
さて、来たる5月22日(水)に開催されます進化経済学会・部会の「企業・産業の進化研究部会」につきまして、下記の通り案内申し上げます。
当日飛び入りでのご参加も大歓迎でございます(参加費無料)。
何卒宜しくお願い申し上げます。
                                      ―記―
■日時:5月22日(水)   18:30~20:00
■場所:東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)
     東京大学経済学研究科 学術交流棟(小島ホール)5階(中会議室)
■研究発表
18:30-19:15
<発表者>
大阪市立大学名誉教授、元中央大学教授  塩沢由典 様
<発表タイトル>
「国際経営論の基礎としての国際価値論」
<発表要旨>
国際貿易論は、経済学の創始の時代からの理論ですが、比較生産費説を厳密に使うには、いろいろ困難が多く、国際貿易状況における経済学・経営学の展開に大きな支障となってきました。しかし、今回のFujimoto & Ikuine 編第2章 Shiozawa & Fujimoto により、経営学にとっても使いやすい国際価値論(国際貿易状況における各国賃金と製品価格の理論)が提示できたと考えています。今回は、第2章の骨子をさらに分かりやすく説明し、利用上の留意点や学説史上の位置づけなどについて報告します。
19:15-20:00
<発表者>
東京大学経済学研究科  特任助教  黄巍 様
横浜国立大学大学院環境情報研究院  教授  安本雅典 様
<発表タイトル>
「Investigating the Creation and Diffusion of Knowledge for Demand Creation: The Case of the Telecommunications Industry」
<発表要旨>
技術やシステムが高度に複雑化していく中で、標準化によって技術仕様を共通化し、相互接続性を確保しておくことが不可欠である。特に情報通信産業を代表とした分野においては、複数の企業が協調することによって技術の標準化が進められている。リーディング企業が標準仕様を形成・具現化するのに必須な知財を通じてエコシステムの基盤となる技術を提供している。今回はFujimoto & Ikuine 編(2018)第13章Huang, Yasumoto & Shiu(2018)について報告する。本研究は移動体通信産業における標準必須特許を対象に、引用ネットワーク分析でリーディング企業のポジションを可視化した上で、ケース分析を通じて優れたIPマネジメントをもたらす要因などについて考察する。
ご多用のところ恐れ入りますが、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

現代日本の経済制度部会・研究会のご案内

進化経済学会会員の皆様,

お世話になっております。阪南大学の西洋です。

進化経済学会・現代日本の経済制度部会では,下記の要領で6月15日土曜日に静岡市にて2019年度第1回の研究会を行います。

みなさま,奮ってご参加ください。

————–

テーマ;金融・福祉・構造変化

日時:2019年6月15日(土)

場所:静岡市産学交流センター「B-nest」(ビネスト)演習室3

3:00 はじめに

13:10~14:20第1報告「バランスシートから見る米国大企業の金融化の実態」

報告者:小倉将志郎(駒澤大学)

コメンテーター:原田裕治(摂南大学)

14:20~15:30第2報告「フランスの貧困青年の就労支援をめぐる政策論争の変遷」

報告者:松原仁美(静岡大学)

コメンテーター:平野泰朗(福岡県立大学名誉教授)

15:50~17:00第3報告「Does structural change matter in the profit rate dynamics? -evidence from OECD countries」

報告者:嶋野智仁(松山大学)

コメンテーター:植村博恭(横浜国立大学)

17:00 まとめと連絡

懇親会

————–

研究会終了後は,静岡駅近辺にて懇親会を開催いたします。こちらのほうにもどうぞご参加ください。

懇親会にご参加をご希望の方は6月8日までに西

nishi@hannan-u.ac.jp

までにご連絡ください。

以上,どうかよろしくお願いいたします。

——————————————————————–

Hiroshi Nishi Ph.D

Professor, Hannan University

A:5-4-33, Amami Higashi, Matsubara, Osaka 580-8502, Japan

E: nishi@hannan-u.ac.jp

E: nishi.hiroshi@gmail.com

W: https://sites.google.com/view/hiroshinishi/home

4月10日(水)進化経済学会「企業・産業の進化研究部会」開催案内

進化経済学会会員各位

いつも大変お世話になっております。東京大学MMRC特任助教の黄でございます。
さて、来たる4月10日(水)に開催されます進化経済学会・部会の「企業・産業の進化研究部会」につきまして、下記の通り案内申し上げます。
当日飛び入りでのご参加も大歓迎でございます(参加費無料)。
何卒宜しくお願い申し上げます。
                                      ―記―
■日時:4月10日(水)   18:30~20:00
■場所:東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)
     東京大学経済学研究科 学術交流棟(小島ホール)5階(中会議室)
■研究発表
18:30-19:00
<発表者>
 東京大学経済学研究科 教授  藤本隆宏 様
 筑波大学システム情報系 准教授 生稲史彦 様
<発表タイトル>
「Industrial Competitiveness and Design Evolution (Springer)の全体像」
<発表要旨>
昨年出版したIndustrial Competitiveness and Design Evolution (Springer)は、藤本・生稲が編集し、若手・中堅・ベテラン研究者のコラボレーションという形で、企業および産業における能力構築およびアーキテクチャ進化が産業競争力を左右するというトライアングル構造の進化論理を用いつつ、現在進行中のデジタル界(重さのない世界)と環境制約の強まるフィジカル界(重さのある世界)を統合的に分析する枠組を提案した。その概要を説明する。
19:00-20:00
<発表者>
 成蹊大学経済学部 准教授 福澤光啓 様
<発表タイトル>
「しぶとい現場が持つ特徴とは?:国内電機メーカーの事業所調査より」
<発表要旨>
国際競争において厳しい環境に直面しながらも、しぶとく生き残り続けてきた国内生産現場は、どのような特徴を有しているのだろうか?この問いに対して、Fujimoto & Ikuine 編(2018)第7章 Fukuzawa, Inamizu, Shintaku, Yokozawa, Suzuki (2018)では、日本の電機メーカーの事業所を対象とする聞き取りと質問紙調査にもとづいた考察が行われており、その内容について報告する。
ご多用のところ恐れ入りますが、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
黄巍

観光学研究部会からのご案内(懇親会ご招待)

観光学研究部会の井出と申します
直前のご案内とはなりますが
学会終了後に、名古屋駅周辺の貸し会議室で
以下の催しを行いますので、
お帰りの時間まで余裕のある方はぜひお立ち寄りください。
また、駅周辺で懇親会を行いますが
この研究会はサントリー文化財団の助成の対象になっておりますの
懇親会もご招待可能です。
皆様奮ってご参加ください。
私、井出あてにメールを頂けますでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。
先着8名で枠がございます。
観光学研究部会第37回研究会
大森雅弥氏(中日新聞社)
「周縁か中心か--中日新聞(の一記者)から見た北陸」
日時 2019年3月17日(日曜日)18:15
場所 サロット会議室(名古屋駅前:詳細は申込者にご案内)


〒920-1192
石川県金沢市角間町
金沢大学国際基幹教育院
准教授 井出 明:博士(情報学)
Tel +81+76+264+5810   Fax +81+76+234+4170
Akira Ide,Ph.D   Associate Prof. Institute of Liberal Arts and Science
Kanazawa Univ.
Kakumacho Kanazawa City, Ishikawa Pref. Japan Postal Code 920-1192

現代日本の経済制度部会(2019年2月22日(金)13:00-18:00)

進化経済学会会員の皆様,

お世話になっております。阪南大学の西洋です。

現代日本の経済制度部会では,下記の要領で2月22日金曜日に九州大学伊都キャンパスにて2018年度第3回の研究会を行います。みなさま,奮ってご参加ください。

————–

日時:2019年2月22日(金)13:00-18:00

場所:九州大学・伊都キャンパス:イースト2号館6階E-617室(カンファレンス・ルーム)伊都キャンパスへのアクセスおよびキャンパス・マップは以下のURLを参照してください。

 

会場の建物は「イースト2号館」81の番号になります。

報告者とタイトル

はじめに

13:00~14:00 原田裕治(摂南大学)・遠山弘徳(静岡大学)「資本主義の多様性と制度・主体リンケージ」

コメンテーター:藤田真哉(名古屋大学)

14:00~15:00 細杏菜(名古屋大学大学院) 「ターゲットリターン・プライシングを伴うカレツキアン・モデルにおける需要形成と金融政策(仮)」

コメンテーター:薗田竜之介(佐賀大学)

15:00~15:30 休憩

15:30~16:30 植村博恭(横浜国立大学)「日本における制度派ケインズ経済学の知的遺産:制度認識と市民的観点の継承と新たな発展」

コメンテーター:磯谷明徳(九州大学)

16:30~17:30 王佳(九州大学)「中国の住宅価格にバブルは存在するか:省別パネルデータを用いた実証分析」

コメンテーター:遠山弘徳(静岡大学)

17:30-18:00 まとめ

————–

研究会終了後は,中州川端にて懇親会を開催いたします。こちらのほうにもどうぞご参加ください。

なお,懇親会についてはコース料理になりますので,完全事前申告制とさせていただきます。

懇親会にご参加をご希望の方は2月15日までに西

nishi@hannan-u.ac.jp

までにご連絡ください。

以上,どうかよろしくお願いいたします。

2月6日(水)進化経済学会 企業・産業の進化研究部会のお知らせ 「地域通貨と仮想通貨のメディアデザインとコミュニティドック

進化経済学会会員各位
いつも大変お世話になっております。東京大学の藤本でございます。
さて、来たる2月6日(水)に開催されます進化経済学会・部会の「企業・産業の進化研究部会」につきまして、下記の通り案内申し上げます。
今回は、専修大学から西部忠先生をお迎えいたします。
当日飛び入りでのご参加も大歓迎でございます(参加費無料)。
何卒宜しくお願い申し上げます。
                                      ―記―
■日時:2月6日(水)   18:00~19:30
                         19:30~21:30 (懇親会)
■場所:東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)
     東京大学経済学研究科 学術交流棟(小島ホール)5階(中会議室または小会議室)
■研究発表
<発表者>
 専修大学経済学部 教授 ・グッドマネーラボ代表理事  西部 忠 様
<発表タイトル>
「地域通貨と仮想通貨のメディアデザインとコミュニティドック」
<発表要旨>
 拙著『地域通貨によるコミュニティ・ドック』におけるコミュニティ・ドックの基本構想と2010年頃までの地域通貨に関するアクティブ・リサーチの諸事例を説明した後、仮想通貨の仕組みや現状を簡単に紹介します。2018年仮想通貨バブルの形成・崩壊に見られたボラティリティの余りの高さや実取引の少なさが問題視され、金融庁から「暗号資産」へと改称されるに至る過程を振り返ります。他方、グローバルにキャッシュレス化が進む中、仮想通貨と地域通貨が様々な様態で融合した仮想地域通貨ないしデジタル地域通貨が国内で多数創出されてきました。地域通貨と仮想通貨のハイブリッドという視点から「良貨」を進化させるためのメディア・デザインとコミュニティ・ドックについて考察します。
<発表時間>
18:00~19:30(質疑応答を含む) その後、本郷界隈で懇親会を開催いたします。
ご多用のところ恐れ入りますが、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

以上

観光学研究部会第36回研究会【懇親会ご招待あり!】のご案内

観光学研究部会からのお知らせ
観光学研究部会の井出でございます
直前のご案内となりましたが
12月8日土曜日金沢で研究会を行います。
民間のファンドを獲得しましたので
夕方からの懇親会も先着20名までご招待可能です。
奮ってご参加ください!

観光学研究部会第36回研究会が確定しました
招待講演:金沢大学地球社会基盤学系 藤生慎氏
「北陸地方のインフラの実態と災害への備え~どこの何をどうみるか?~」
日時 2018年12月8日(土曜日)14:30
場所 オフィスS・L・K(〒920-0853 石川県金沢市本町2丁目7番1 越田ビル3F)
       (今回は会場が狭いため、参加を学会員および直接の紹介者に限定させていただきます。
懇親会も準備しておりまして、参加申し込みされた方に直接ご案内させていただきます。)

 

〒920-1192
石川県金沢市角間町
金沢大学国際基幹教育院
准教授 井出 明:博士(情報学)
Tel +81+76+264+5810   Fax +81+76+234+4170
Akira Ide,Ph.D   Associate Prof. Institute of Liberal Arts and Science
Kanazawa Univ.
Kakumacho Kanazawa City, Ishikawa Pref. Japan Postal Code 920-1192

制度と統治部会(ドラルキエ先生研究会)

進化経済学会会員の皆様
大阪市立大学の立見と申します。
10月8日から25日にかけて、阪南大学産業経済研究所がコンヴァンシオン経済学のギエメット・ドゥラルキエ先生(フランス・リール大学)を招聘されます。
つきましては、下記の通り、進化経済学会「制度と統治部会」が東京と大阪で研究会を開催いたします。
コンヴァンシオン経済学は、制度派経済学のなかでもとくに規範的価値の多元性と行為者間のコーディネーションにおける事物の役割に着目するアプローチになっています。経済学、社会学、認知科学などが交差する学際性を特徴とします。ドゥラルキエ先生は、コンヴァンシオン経済学の第二世代として、進化ゲーム理論等の手法を用いて労働経済学分野を中心にコンヴァンシオン経済学の深化に貢献されてきました。バティフリエ編『コンヴァンシオン理論の射程』昭和堂、2006は、ドゥラルキエ先生を含む第二世代によってまとめられた教科書です
コンヴァンシオン経済学の最近の動向とドゥラルキエ先生のご研究内容については、下記サイトを御覧ください。
https://conventions.hypotheses.org/the-economics-of-convention (コンヴァンシオン経済学について)
https://conventions.hypotheses.org/category/interviews (ドゥラルキエ先生へのインタビュー)
奮ってのご参加、お待ちしています。
①専修大学(東京)
日時:2018年10月19日(金)15:00〜18:00
場所:専修大学神田キャンパス1号館8階8B会議室
報告:Guillemette de Larquier 「Valuation and Matching: A Conventionalist Explanation of Labor Markets
②阪南大学(大阪)
日時:2018年10月22日(月)13:00〜17:00
場所:阪南大学あべのハルカスキャンパス
報告:Guillemette de Larquier 「Are conventions solutions to uncertainty? An introduction to Economics of convention
なお、専修大学でのご報告は、労働経済学へのコンヴァンシオン経済学の応用的研究について、阪南大学はコンヴァンシオン経済学入門として同理論の経済学における位置付けを中心にお話しいただく予定です。それぞれのベースとなる論文を添付いたします。
研究会終了後に懇親会を予定しています。こちらもふるってご参加ください。
立見淳哉

研究会のご案内

進化経済学会員のみなさま

 

阪南大学の西洋です。

進化経済学会・現代日本の経済制度部会は制度と統治部会との共催で11月17日に関西大学・梅田キャンパスにて研究会を下記の要領で行います。

ふるってご参加くださいますよう,よろしくお願いいたします。

 

なお,研究会終了後には梅田近辺で懇親会を予定しています。こちらにもぜひご参加いただければと思いますが,会場の予約の都合上,事前に西(nishi@hannan-u.ac.jp)にご参加の希望をご表明ください。

宜しくお願い致します。

 

————————————————————-

 

第2回:現代日本の経済制度部会(制度と統治部会との共催)

会場:関西大学 梅田キャンパス 702号室

所在地(アクセス)については下記URLをご覧ください。

http://www.kansai-u.ac.jp/umeda/access/

 

【午前:研究の部】

11:00-12:00

研究「産業構造の変化とGVC(グローバルバリューチェーン):付加価値貿易の観点から」

報告者:田原慎二先生(千葉商科大学)

 

【午後:合評会】

テーマ:『市民社会と民主主義・レギュラシオンアプローチ』をめぐって

はじめに:13:00-13:10(司会:西)

第1部:執筆者の報告

山田鋭夫先生ご報告「内田義彦の問い:交換的平等と人間的平等」:13:10-13:40

藤田菜々子先生ご報告「市民社会と福祉社会:「日本型」の歴史的・学史的意義」:13:40-14:00

原田裕治先生ご報告「レギュラシオン・アプローチと市民社会論:信頼・制度・資本主義の多様性」:14:00-14:20

植村博恭先生ご報告「『市民社会と民主主義』のリベラル・アワー:市民社会概念の豊富化・戦後経済学の遺産・市民社会民主主義の制度派経済学にむけて」:14:20-15:00

 

コーヒーブレイク(15分)

 

第2部:コメント+フロアディスカッション(司会:中原隆幸先生)

植村邦彦先生コメント+フロアクエスチョンとリプライ:15:15-16:05

宇仁宏幸先生コメント+フロアクエスチョンとリプライ:16:00-16:50

小野寺研太先生コメント+フロアクエスチョンとリプライ:16:50-17:40

まとめ:17:40-17:50

 

18時すぎ:懇親会(梅田近辺)

 

 

——————————————————————–

Hiroshi Nishi Ph.D

Professor, Hannan University

A:5-4-33, Amami Higashi, Matsubara, Osaka 580-8502, Japan

E: nishi@hannan-u.ac.jp

E: nishi.hiroshi@gmail.com

W: http://www2.hannan-u.ac.jp/~nishi/